事例
経営改善相談事例
休業補償制度利用事例
経営改善相談事例
開業来3年を経過するが、年間診療収入が2,500~3,000万円程度の水準から伸びず、その改善策についてアドバイスを求められた。
⇒開業準備時の不充分な点を指摘し、改善策として何点かのアドバイスを行った。
開業時のマーケティングリサーチ、特に既開業医院との競合状況分析が不充分で、宣伝・広告の工夫が不足し、休診日、診療時間の設定が不適切であった。


(1)ビルオーナーと交渉し、開業当初は断られていたビル1階玄関先の照明入スタンド看板を、診療時間外は片付ける条件で承諾させ、設置した。

(2) 社会保険庁、歯科医師会などからの「お知らせ」を漫然を貼るだけの院内掲示物を、院長経歴・診療方針・スタッフ紹介・院内感染防止対策など、医院の「姿勢」「考え方」のわかりやすい案内になるよう改善した。

(3)木曜日終日休診日としていたが、周辺の競合先のほとんども木曜日休診であることから、来患の少ない土曜日午後を休診にし、代わって木曜日は診療日に変更。

(4)既製品の問診票を廃止し、患者ニーズ(治療面だけにとどまらず、診療時間帯、来院動機・キッカケ、来院時の印象(スタッフ応対・清潔感・入りやすさ)など)の多方面からの分析可能なものへの変更など、院内印刷物全般の見直し。

(5)リコール方法を、ワンパターンな内容なものから症状・治療内容毎に木目細かいものにし、その発送時期も患者毎に工夫。

    等々
資料請求・お問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
資料請求、概要の説明、その他、ご質問、ご不明点がございましたら、何なりとお問い合わせください。
歯科医院経営研究会
東京都新宿区西新宿1-13-8 TEL:03-3348-9687/FAX:03-3344-5340
受付時間:9:30~17:30/土日、祝日を除く
このページの上へ