総業歯科医休業補償制度

歯科医のリスクマネジメント

 「リスクマネジメント(リスクを計りコントロールすること)」や「リスクヘッジ(リスクを回避すること)」という耳慣れない言葉があります。歯科医院経営研究会では、リスクヘッジを超えた「リスクを無闇に恐れず、自己の管理下においてリスクと上手く付き合う、歯科医のためのリスクマネジメント経営」のサポートを行っております。

もし、病気になったら。。。もし、交通事故にあったら。。。医院で医療事故がおこったら。。。その時、借入金の返済はどうしますか?その時、スタッフの給料はどうしますか?その時、家族の生活をどのように守りますか?

 このようなリスクにあらかじめ備えておく(保険を掛けておく)ことがリスクマネジメント経営につながります。リスクマネジメントは院長(経営者)が行わなければなりません。

 歯科医院経営研究会の休業補償商品「総合歯科医休業補償制度」は、軽い負担で広い補償を実現し、歯科医院のリスクマネジメント経営を応援します。

総業歯科医休業補償制度

総合歯科医休業補償制度概要 (所得補償保険、医師賠償責任保険、歯科医療感染症団体プラン)

「休業補償制度」とは歯科医院経営を行う歯科医師の必需品です!!

現在は歯科医院に患者が求めるハードルは高く常に他歯科医院と比較されています。

① 歯科医師や受付などの接遇対応や積極的な情報収集と提供が必要。(ソフト面)
② ネットやマスコミを通じ口コミや風評が医院経営を左右する要素になっている。
③ 他歯科医院との差別化する方法を収集・実践し診療報酬収入の向上に腐心する必要がある。
④ 待合室のくつろげる環境作りや最新の機器を導入しているか。(ハード面)
⑤ 情報洪水により患者の知識装備が過多・一面的で正しい理解ができていない。
⑥ 従来は正当な治療と判断されたものが、裁判で医療過誤と見做される可能性がある。 など…

 

 このようなストレスが溜まり易い日常の中で、歯科医師であり経営者の先生方は勿論のこと、歯科医院に勤務されてい る従業員(勤務医・歯科衛生士・歯科助手・歯科技工士・受付など)の皆様が、更に色々なリスク(診療への損害賠償請求、 患者からの二次感染、通勤途上のアクシデント、日常化した飲酒・喫煙・過労などから来る身体上の疾患の発生、など)に 遭う可能性が高まってきています。

 

そんな歯科開業医先生方やそのスタッフの皆様方のリスクのうち、突然の予見できない事故・病気・損害賠償 請求などの部分を「総合歯科医休業補償制度」のお手頃な保険料で対応し、開放されるようお手伝いをして 貴方やスタッフを経済的に守ってくれる力強い味方です。
万一の時は待ってくれません。「なんでこのタイミングで!」に備えるリスク管理が必須です。

* 制度にご加入の際は歯科医院経営研究会への入会が必要となります。(加入日現在満20才以上満69才以下)

 

パンフレットPDFダウンロード

> 団体所得補償保険のご案内
> 団体医師賠償責任保険のご案内
ページトップへ矢印